海外旅行保険付帯クレジットカード活用ナビ

HOME>クレジットカード選びの着眼点

クレジットカード選びの着眼点

カード選びの注目ポイントと言ってしまうと難しそうなニュアンスがありますが、要は、カードを探す上での目の付け所といった意味です。漠然とクレジットカードを見ていても、どれが自分に適しているかは、分かりにくいと思います。以下を参考に色々な角度からカードを見てもらえたらと思います。

基本条件

カード選びで最も重視されるのが年会費。海外旅行保険付きカードを選ぶ場合でも、基本は無料カードで問題ありません。

海外旅行保険

海外旅行保険と一口に言っても色々です。自動付帯や利用付帯、補償額に家族特約の有無など違いは山ほどあります。
旅行中の事故によるケガが原因で死亡あるいは後遺障害が生じた場合に補償。他の補償項目と異なり、複数カードによる補償額合算ができない。また、クレカの場合は病気を原因とするものは補償されません。発生率が低く、重要度はそれほど高くはありません。
病気やケガに対する補償で、海外旅行保険の中で最も重要度の高い補償項目とも言われます。複数カードの合算も可能なため、できるだけ大きな補償を確保しておくと同時に医療費キャッシュレスサービス付きのカードを持っておくといざという時に心強いです。
行方不明・遭難に遭った際の捜索費用、一定期間入院した際のお見舞いに掛かる渡航費用などを負担してくれる比較的重要度の高い保険項目です。
旅行中の事故で他人を怪我させてしまったり、他人のものを壊すなどして法律上の損害賠償義務を負ったときに賠償金などが補償されます。発生頻度は低いですが、高額の賠償金が請求されることもあり軽視はできません。
旅行中に持ち歩くスーツケースやカメラなど身の回りのモノへの補償。保険金額は低いものの、事故発生率の高い補償項目。
航空機に預けた手荷物の遅延や紛失、搭乗予定の航空便の遅延や欠航などで不要な出費を強いられた場合に補償。ワイドな補償を望む方におすすめ。事故発生率の高い補償項目です。
旅費のカード払いという煩わしい条件のない自動付帯カードは使い勝手抜群です。
旅費のカード払いという煩わしい条件のない自動付帯カードは使い勝手抜群です。
家族旅行をする場合は、家族特約付きカードが狙い目。子供、両親と一緒なら家族特約。配偶者分は家族会員カードか家族特約で賄うのが基本。
補償期間の延長(90日以上の長期滞在)
クレジットカードの海外旅行保険の補償期間は一般的に90日間が限度。90日超の長期滞在の場合は、一部の利用付帯カードの活用で乗り切れます。

対象限定

学生なら学生専用カードが狙い目。学生特権とも言える優遇特典が付いているケースが少なくありません。

旅行関連特典

クレジットカードの旅行関連特典は、海外旅行保険だけではありません。
スーツケースなどの荷物を空港から自宅、あるいは自宅から空港まで無料で配達。お得感がダイレクトに感じられる人気特典。
手荷物無料宅配のプラスα的特典。自宅で荷物を預けたら到着空港までノータッチで行けます。JAL国際線(米国系路線は不可)限定のサービスです。

ゴールドカード

ゴールドカードと言っても色々あります。
海外旅行の機会にゴールドカードの威力を試してみたいという方にとって、初年度無料は取っ付きやすいと思います。
低年会費だけどスペック充実の高機能ゴールドカードを紹介します。

国際ブランド

国際ブランドによって利用可能な加盟店が異なってくるので軽視はできません。
加盟店数No1.海外旅行へ行くなら是非カードラインアップの中に一枚は加えておきたい。
国内では圧倒的な強さ。海外でも日本人に人気のある国・地域ではほぼ問題なく使えます。定評の高いJCBプラザを利用するにも一枚は欲しい。
VISAと並ぶ二大国際ブランドの一角。加盟店数はVISAとほぼ変わらないと言われているようですが、特にヨーロッパ、アフリカに強いとか。
ハイステータスなブランドイメージが魅力。富裕層・準富裕層に人気。海外旅行者向け特典が極めて充実。

ページトップへ